2012年05月31日

命のネットワーク:公開質問会回答:大浜氏・高嶺氏

命のネットワーク・八重山
公開質問会回答


命のネットワーク・八重山として、6団体の意見を反映させた質問をしました。

以下質問です。

命のネットワーク・八重山
1、税金の使途:ガレキ処理に関わる輸送費と補助金
 質問1−1
沖縄に「安全なガレキ」を運ぶ輸送費と補助金などに、税金を投じるべきだ。
   はい     いいえ
大浜一郎氏
 はい
高嶺善伸氏
 いいえ

質問1−2
沖縄へのガレキの輸送費と補助金は、被災地での処理費用に使うべきだ。
   はい     いいえ
大浜一郎氏
 回答なし
高嶺善伸氏
 はい

質問1−3
被災地の雇用や経済活性化につながる方法でがれきを処理すべきだ。
   はい     いいえ
大浜一郎氏
 はい
高嶺善伸氏
 はい

質問1−4
沖縄は安全・安心な環境と農林水産物を守ることで被災地に貢献すべきだ。
   はい      いいえ
大浜一郎氏
 回答なし
高嶺善伸氏
 はい

2、安全性の立証と補償
安全性の立証について、質問致します。お考えに近いものに◯をつけて下さい。

1、震災ガレキを受け入れる以上、安全性を立証するための装置を購入し、放射性物質や各種化学物質の数値を正確に測り、コストと時間をかけて検査すべきだ。

2、震災ガレキを受け入れたとしても、国が安全だと言っているので、国の示す方法以外で測定する必要はない。

3、安全性の立証が困難である以上、震災ガレキを受け入れるべきではない。

その他(                        )

 大浜一郎氏
 安全性の立証が困難であるという前提の設問になっていますので、仮定に基づく質問ですので、お答えむずかしいです。安全性の立証されないガレキについては、受け入れる必要はないと私は言っています。安全性の立証が困難である以上、農産物の補償をどうするのかという質問にお答えするのは、前提が違いますので、お答えするのはむずかしいと思います。

質問者
 これは、万が一、何らかの被害が生じた場合の質問になっているのですけれども、お願い致します。

大浜一郎氏
 これはすべて国がやるべき問題だと思います。私達は国の基準を信頼する以外にありません。なおかつ、私は、高度な検査体制でやるべきだと思っております。個々の企業においても、自治体においても、しっかりと個別に対策が必要だと先ほど申し上げました。私の会社でもそうですし、私が支援に関わっているちむぐくるなどの団体においても同様です。それでも、なおかつ問題が起こった場合は、国が責任をもって補償すべきだと思います。

高嶺善伸氏
 私は、環境省の担当部長に、安全性を説明しなさいと、全国議長会で質問をしました。全く、納得いく返事がなかったので、国の安全性の説明は信用できないと考えていますので、最後の補償が必要になる事態が生じると思っておりますので、ガレキを受け入れるべきではないと思います。

3、観光業や農林水産業、健康被害に対する補償

補償ついてどうお考えでしょうか?近いものに◯をつけて下さい。
1、補償が必要になるような事態を避けるために、がれきを受け入れるべきではない。
2、がれきを受け入れる以上、補償をすべき。
3、がれきを受け入れるが、補償は必要ない。

 ガレキを受け入れた結果、被害が生じたら、どこが補償をすべきだとお考えでしょうか?複数選択可(すべてに◯をつけて構いません)。
1、 国
2、 東京電力
3、 県
4、 市町村長

大浜一郎氏
仮定に基づく質問なので、お答えできません。

高嶺善伸氏
 私はですね、国の安全基準の説明は納得できませんので、こと沖縄に関しては、ガレキは受け入れないようにしたいと考えていますので、ガレキを受け入れた結果という質問には答えにくいです。
posted by 命のネットワーク・八重山 at 23:49| 公開質問会回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。